部門紹介

- 看護部 看護部について -

看護部について

兵庫県立粒子線医療センタートップページ > 部門紹介 > 看護部 > 看護部について

看護部紹介

 兵庫県立粒子線医療センターは、2001年「新しい放射線治療ー粒子線医療」に特化した施設として設立され、病床数50床のがん専門病院です。看護師は開設以来、多くのがん患者さんと向き合いながらがん看護の専門性を追求し、その経験からの学びをもとにキャリアを積み重ねてきました。国民の2人に1人が がんに罹患するといわれているこれからの時代において、がんとともに生きる患者さんの療養生活全般に目をむけながら、看護専門職として実践していくことが必要だと考えています。
 私たち看護部は、患者さんに、自然豊かな環境にある当センターで、こころ癒やされながら治療を最後まで受けていただくことを目標にしています。患者さんの意思を尊重し、患者さんに真摯に向き合える看護師として常に自己研鑽することはもちろん、粒子線治療におけるがん看護の専門性を発揮しながら、成長していきたいと思います。

 また、当センターは粒子線医療の専門病院として、関連する医療機関や、連携する医療機関を対象とした「実務者研修コース」や、「粒子線医療の現状と有害事象ケア研修」を年間を通して実施し、粒子線治療看護の普及に取り組んでいます。研修は、全職種の医療チームで分担して行います。その中で看護部は、「粒子線看護の特徴と実際」を、これまでの経験に基づいた知識や技術を活かしながら、粒子線看護の醍醐味として伝えています。そして、紹介元施設や連携施設の方々と、患者さんのための継続した医療や看護ができることを目指しています。

看護部長 淺田弘子
医療連携担当課長 藤本美生
看護師長 高橋悦子

看護部理念

粒子線医療センターの理念に基づき
私たちは患者さんの意志を尊重し、真心のこもった責任ある看護を提供します

方針

粒子線治療における看護部の特長

目標

重点目標

病棟紹介

採用情報 詳しくはこちら