部門紹介

- 看護部 看護部活動紹介 -

看護部活動紹介

兵庫県立粒子線医療センタートップページ > 部門紹介 > 看護部 > 看護部活動紹介

チーム医療活動

緩和ケアチーム

緩和ケアチームメンバーは、医師・看護師・薬剤師・放射線技師です。患者さんの全人的な苦痛に焦点を当て、他職種メンバーによるカンファレンスを毎週行っています。苦痛が緩和され、その人らしい人生が送れるようチーム一丸となって活動しています。

緩和ケアチーム

アイケアチーム

アイケアチームメンバーは、医師・看護師・薬剤師とアドバイザーである眼科医です。粒子線治療の影響で生じた眼の諸症状に対してケア指針やパンフレットを作成し、各スタッフが適切なケアが行なえるよう学習会をもち、患者さんのセルフケア支援、QOLの維持・向上に貢献することを目的として取り組んでいます

パンフレット

アイケアチーム

NST(栄養補助)グループ

NSTチームメンバーは、医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・放射線技師です。患者さんの栄養状態を評価し、食事内容や形態の変更・栄養補助食品の提供・必要時点滴などを行い、患者さんのQOL(人生の質)向上を図っています。」また、PEG(胃ろう)や経管栄養カテーテルによる栄養補給の商品や手技について検討し、患者さんの安全やチームの業務効率向上に努めています。

NST(栄養補助)グループ

口腔ケア

口腔ケアグループでは、多職種、歯科医師と連携し、頭頚部に治療された患者さんのケアについて検討しています。具体的には、口内炎の予防や治療方法の検討、指導用のパンフレットの作成を行っています。

口腔ケア

皮膚ケア

放射線を照射すると体の表面を通過しますので、程度の差はありますが、ほとんどの方に皮膚炎が出現します。治療計画で皮膚炎の程度の予測ができますので、予防ケアから照射中に症状が出現した時のケアまで、患者さんと一緒に方法を考えて実践できるように取り組んでいます。

皮膚ケア