部門紹介

- 看護部 教育・研修・キャリアサポート -

教育・研修・キャリアサポート

兵庫県立粒子線医療センタートップページ > 部門紹介 > 看護部 > 教育・研修・キャリアサポート

兵庫県看護職員継続教育

系統的・継続的に生涯学習を支援し、県民に信頼される自立した看護職の育成をめざします。

兵庫県看護職員継続教育図

現任教育(教育計画)

兵庫県立粒子線医療センター 看護部 教育指針

がん治療・およびがん看護の流れを理解しながら粒子線治療看護の展開ができる。
患者教育や患者相談などを通して、患者の生活及びがんサバイバーとしての支援ができる。
粒子線治療看護の発展のために看護研究や看護介入の開発などをめざす。
下記はおおむね3年までのプログラムとする。

第1段階(入職・転勤後1年間)

目標I(業務) メンバー業務ができる
①3ヶ月…教育委員の支援を受けながら病棟・外来など継続した部門での日勤業務ができる。夜勤の導入を開始する。
②6ヶ月…病棟夜勤が任せられる。他部門(病棟・外来)など業務を広げる。
③9ヶ月-1年 …日勤リーダートレーニングを開始する。状況により、夜勤リーダーを始める。
目標II(粒子線治療看護)

がん治療における粒子線治療の実際を理解する。
粒子線治療を安全に実施・継続するための基本事項がわかる。

1)粒子線治療について理解できる。

  • 粒子線治療に使用する放射線の種類が分かる。
  • 粒子線治療で使用する用語が理解できる。
  • 初診~治療~経過観察までに流れが理解できる。
  • 粒子線医療センターの治療室の構造、治療室の特徴が理解できる。
  • 集学的治療としての位置づけが理解できる(化学療法やホルモン療法との併用。)
  • 粒子線医療センターで実施されている前処置の目的が理解できる。
  • 粒子線治療に関わる他職種の役割が理解できる。
  • 前立腺、頭頸部、膵臓の粒子線治療の特徴が理解できる。

2)粒子線治療を受ける患者の特徴が理解できる。

  • 適応患者の特徴(疾患やステージ)が分かる。
  • 入院患者・通院患者が抱える問題について理解できる。
  • 前立腺・頭頸部・膵臓癌における急性有害事象・晩期有害事象と生活への影響が理解できる。

3)粒子線治療の効果・副作用、観察ポイントを述べることができる。

  • 粒子線治療の治療後の一般的な経過が分かる。
  • 前立腺・頭頸部・膵臓癌における急性有害事象・晩期有害事象と生活への影響が理解できる。
  • 前立腺・頭頸部・膵臓癌の観察ポイントが理解できる。
  • 治療計画を元にリスクアセスメントを行い看護計画が立案できる。

第2段階(2年目)

目標I(業務) リーダー業務ができる。医療チームの調整ができる。
①先輩看護師の支援を受けながら病棟・外来リーダーができる。
②患者の問題について医師・薬剤師・放射線技師・栄養士などと調整し問題解決を図ることができる。
③夜勤のリーダーができる。
目標II(粒子線治療看護)

粒子線治療をを受ける患者の全人的苦痛を理解し、治療前・治療中を通しての看護ケアが展開できる。

1)安全・安楽に照射が行われるためのケアおよび調整ができる。

  • 化学療法や検査などを考慮し、患者のスケジュールの管理と調整ができる。
  • 患者の個別性(年齢、ADL、身体状況など)による治療上の問題解決のための看護ケアが実践できる。

2)粒子線治療を受ける患者の身体的・心理的・社会的苦痛の解決策について患者とともに考えることができる。

  • 治療のメリット・デメリットを患者とともに考え意思決定の支援ができる。
  • 有害事象を予防・軽減するための方法を患者とともに考えることができる。
  • 通院治療・仕事との兼ね合い・医療費などの社会的な問題について患者とともに考えることができる。
  • 治療にまつわる心身の苦痛を最小限にするための看護が実践できる。

3)セルフケア能力をアセスメントし、最大限活かせるように患者支援ができる。

  • 医療安全と患者のセルフケア能力の向上の視点をもってケアプランが立案できる。

4)粒子線治療を受けた患者としてよりよく生きるための方法を共に考えることができる。

  • 治療中の有害事象の評価を行い、治療後の生活を共に考えることができる。
  • 晩期有害事象の早期発見方法について患者・教育ができる。

第3段階(3年目)

目標I(業務) 看護師長補佐を助け、看護部運営に協力ができる。経過観察業務に従事する。
①委員会のリーダーをし、円滑な看護部運営に協力する。
②転入者の支援ができる。
③経過観察業務を通して、粒子線治療看護を深めることができる。
目標II(粒子線治療看護)

経過観察業務を通して、粒子線治療を受ける患者、およびがんサバイバーを視野にいれた幅広い支援ができる。
チーム医療の中で、質の高い看護が実践できる。

1)当センターの経過観察の役割について理解できる。

  • 当センター、患者、紹介元病院の役割分担について理解できる。

2)電話相談を通して患者の情報を整理し、速やかに対応できる。

  • 治療計画を元に、患者の訴えが照射によるものかそれ以外のものかを判断することができる。
  • 情報の優先度、経時的変化、自分が行った対応が分かるように意図して記録ができる。
  • 看護師の業務範囲を元に、適切な対応方法が判断できる。
  • 優先度を考慮して、調整できる。
  • 患者の苦悩を推し量りながら、丁寧に対応する。
  • 他職種を巻き込んでの問題解決ができる。

3)がんサバイバーとしての視点でケアできる。

4)患者のQOL状況に関心を持ち、看護ケア確立にフィードバックできる。

  • 共通の有害事象についてチームで共有する。
  • 看護ケアの確立に向けての取り組みができる。

5)複雑な状況にある患者の問題について他職種と合同カンファレンスを行い、最善と思われる方法を導くことができる。

看護補助者の教育計画

【目的】看護チームの一員として看護補助者の役割を認識し、円滑に業務遂行できる。

【目標】

【年間教育計画】

教育プログラム
  • 看護補助者の業務範囲に関すること
  • 医療安全に関すること
  • 感染予防に関すること
  • 環境整備に関すること
  • 個人情報保護・守秘義務について
  • 緊急対応時の役割・防災について
  • トピックス研修1
    トピックス研修2
平成27年度予定

現任教育(研修・学習会)

年間の研修/学習

院内 専門領域 粒子線医療看護の動向と最新情報
がん看護の動向と最新情報
薬剤情報
学会情報
医療安全 ヒヤリハット事例分析
個人情報管理
接遇と患者サービス
感染対策 標準予防策
手洗い法
その他 チーム医療研修会
(皮膚ケア・アイケアNST・緩和ケア)
院外 専門領域 放射線治療看護セミナー(放医研)
がん診療に携わる緩和ケア研修
管理マネジメント 看護管理研修(全国自治体)
ラダー継続教育 県立病院ラダー研修
各種学会