| 日本語 | ENGLISH 文字の大きさ: 
トップページへ


News Letter
第27号
第26号
第25号
第24号
第23号
第22号
第21号
第20号
第19号
第18号
第17号
第16号
第15号
第14号
第13号
第12号
第11号
第10号
第09号
第08号
第07号
第06号
第05号
第04号
第03号
第02号
第01号

News Letter

 世界に誇る大型放射光施設、さらに西日本唯一の粒子線治療施設が結びつくことにより、がんの早期発見とその画期的な治療が実現するものと期待は高まりますが、これら施設を活用し、粒子線治療が適応となる患者を治療していくためには、県内外の医療機関の皆様方との連携が不可欠です。
 このため、粒子線治療の適応や治療のプロトコール、患者の紹介方法など各種の情報を紹介するニュースレターを新たに創刊しました。
このニュースレターが広く医療機関とのかけ橋となり、がん克服に向けての一助となれば幸いです。


号 数 主 な 内 容
第34号  粒子線治療の現状と今後について
 アンギオCT導入による今後の展開
第33号  兵庫県立粒子線医療センターの過去・現在・未来
 兵庫県立粒子線医療センターにおける粒子線治療の現状
第32号  粒子線治療の新時代
 兵庫県立粒子線医療センターにおける粒子線治療の現状
第31号  粒子線治療 −現状と将来−
 兵庫県立粒子線医療センターにおける粒子線治療の現状
第30号  兵庫県立粒子線医療センターにおける粒子線治療の現状
 モンテカルロ
第29号  兵庫の粒子線治療
 陽子線と炭素イオン線の治療実績(2009年上半期:9月末時点)
第28号  地域医療と広域医療
 治療実績(2009年3月末時点)と治療基準の改訂
第27号  粒子線治療開始からの8年の歩み
 2008年10月時点における治療実績
第26号  がん医療の課題
 2007年度治療実績の報告
第25号  最近の講演
 2007 年度治療基準策定委員会報告及び今後の計画
第24号  粒子線医療センターのイチゴン
 粒子線治療の現況報告
第23号  粒子線医療センターでの医療
 保守分散化(通年治療)のスタート
第22号  粒子線医療センターで提供するがん治療
 粒子線治療の実績と新たな治療基準の作成
第21号  日本の粒子線治療誕生のことなど
 陽子線と炭素イオン線による粒子線治療
第20号  炭素イオン線治療開始とよりよい医療のために
 陽子線治療の現状
第19号  一般診療開始から1年を経過して
 陽子線治療について新しい治療基準が加わる
第18号  陽子線治療の一般診療開始半年間の現状
 新調理システム(クックチル)の導入による食事サービス
第17号  県立粒子線医療センターの一般診療開始にあたって
 陽子線治療開始までの手続きと治療の流れ
第16号  粒子線治療とがん治療の将来
 「国際粒子線治療シンポジウム2002 in 兵庫」の開催に当たって
第15号  当面の課題について / 医療情報システム構築履歴
 『病院らしくない病院』づくり -アメニティ豊かな病院を目指して-
第14号  粒子線医療センターの半年と今後の展望
 尾身大臣が当センターをご視察
第13号  粒子線医療センターの目指すもの
 病棟のコンセプト ”個(プライバシー)の尊重” と ”集い憩う場” 
第12号  生物照射試験が始まる / 科学技術庁の放射線施設検査に合格 
第11号  ヘリウム、陽子および炭素ビームの加速・取り出しに成功
 救急医療体制について
第10号  病院棟の建設に着手 / 第41回米国放射線腫瘍学会
 国立がんセンター東病院研修報告 
第09号  粒子線治療の国際ネットワーク化に向けて
 放射線医学総合研究所研修報告
第08号  県立粒子線治療センター(仮称)整備委員会開催
 県立粒子線治療センター(仮称)の建物設計について
第07号  県立粒子線治療センター(仮称)整備委員会
 播磨科学公園都市の近況
第06号  県立粒子線治療センター(仮称)の事業進捗状
 日本の新しい粒子線治療施設の紹介
第05号  県立粒子線治療センター(仮称)整備委員会開催
 日本の新しい粒子線治療計画の紹介
第04号  「国立がんセンターの陽子線治療プロジェクト」
 「兵庫県粒子線治療センター(仮称)と大型放射光の医学への応用」
第03号  粒子線治療の適応について / 播磨科学公園都市について
第02号  「ニュースレター」に寄せて / 県立粒子線治療センター(仮称)の整備について
第01号  知事あいさつ / 粒子線治療とは / 県立粒子線治療センター(仮称)の概要

兵庫県立粒子線医療センター